• お酒を売るにはどうすればいの?
  • 身近に酒類販売業免許について相談したい
  • 酒類販売業免許を取りたいけど申請手続が不安
  • インターネットや通信販売でお酒の販売をしたい
  • 国税庁(税務署)の手引書を読んだが難しくてよくわからない
  • 税務署に相談したがうまく話を進められない
  • 酒販免許専門の行政書士に任せたい

酒類販売業免許専門行政書士の3つの強み

  1. 酒販免許取得の税務署対応に強い!

    酒販免許は行政書士でも珍しく税務署に申請します。そして税務署の酒類指導官という専門官との事前相談とその後のやりとりをいかにスムーズに行うかで酒販免許の取得可能性が左右されます。当事務所は福岡県朝倉市を中心に日頃から博多税務署久留米税務署の指導官とやり取りを重ね税務署対応のテクニックをもっています。お客様に代わり、税務署を味方につけ酒販免許取得につながる税務署対応をいたします。

  2. 酒販免許専門ならではの実績と酒販免許取得のノウハウ

    酒販免許専門行政書士だからこそ、「地ビールを販売したい」「輸入ワインを販売したい」「飲食店と兼業でお酒を売りたい」「酒類ビジネスに参入したい」「古物商としてお酒を買取り販売したい」といった様々なお客様のビジネスモデルに応じた酒販免許申請と取得サポートが可能です。

  3. 安心の返金保証制度

    酒類販売業専門行政書士が酒販免許取得の可能性が高いと判断して申請したにもかかわらず、もし免許取得ができなかった場合、お客様から頂いた報酬を返金いたします。詳しくはご相談時にご説明いたします。

他の行政書士とココが違う!

私の夫がホームページ制作通信販売業務を行っている会社を運営しているので、通販サイトの制作から、通販サイト運営の総合的なサポートが可能です!